デュアスラリアでダイエットを成功?痩せる秘訣を調査

2種類のダイエットサポートサプリメントがセットになった「デュアスラリア」。
ずっと飲みつづけてもダイエットに成功できなかった人がいる一方、短期間で期待通りに痩せた人もいたりとさまざまです。

この違いは、いったいどこにあるのでしょうか?
デュアスラリアを飲んで成功した人と失敗した人の口コミから秘訣を探っていきます。

飲んでみて良い感じもなく悪い感じもなく、、でした。
夜の方は飲むのを忘れてだいぶ余りました。
やはり運動なしの飲むだけダイエットなんてあり得ないのでしょう。

この人のクチコミ情報に、ダイエットの成否を分ける大きなポイントが2つあります。

  • デュアスラリアを定期的に飲み続ける
  • 飲んだだけでなく意識的に体を動かす

デュアスラリアは、2種類のサプリメントの両方を飲んでダイエット効果を高めることを目的としているため、飲んだり飲まなかったりを繰り返していると、本来のはたらきが期待できません。

デュアスラリアは健康食品のため、薬のように厳密に時間を決めて飲む必要はありませんが、2日に1回とか、2日分まとめてなどといった飲み方は推奨されていません。
数日分をまとめて飲んでしまうと、過剰摂取のおそれもあることから危険です。

また、定期的な運動というと、毎日欠かさず何キロもジョギングをするとか、スポーツクラブに通って筋トレや水泳に励むなどと言ったイメージを持っているかも知れませんが、気合を入れて運動しようと考える必要はありません。

日常生活での歩くスピードをいつもよりも速くするとか、エレベーターやエスカレーターを使っていたのを階段に変えるなどといった些細な変化で十分です。
それだけでも全身の筋肉の動き方が変わってきますし、意識的に体を動かすようになることで、今まで使っていなかった筋肉が動くようになってきます。

もちろん、時間を見つけて運動に取り組んだり、新たにスポーツに取り組むというのでも構いませんが、そもそも続かなければ意味がありません。
数回通っただけでバテてしまって二度と行きたくなくなるというのであれば、自分ができる範囲内で続けるほうが、よほど効果的です。

しかし、こういった努力をしても、全く変化がなかったというコメントもあります。

不規則な生活から体重が5年間で8キロ増加。
軽い運動、適度な食事と朝晩の摂取(朝用、夜用別)効果はほぼありませんでした。
お通じが良くなるでもなく、体重が減るでもなく・・・
特に何の変化もありませんでした

52歳の女性で、4ヶ月間、デュアスラリアを飲んで努力をしてもダイエットができなかったので使用をやめたケースです。

不規則な生活」ということなので、夜勤と日勤を繰り返す仕事や、24時間体制の介護などといった厳しい状況だと推測されます。
生活リズムが崩れるのはダイエットの天敵ですから、できれば避けたいものですが、仕事や親の面倒など、自分ではどうしようもないケースも多いものです。

ダイエット指導者も「最もダイエットが難しい」と指摘するように、生活リズムが乱れることが前提でのダイエットとなると選択肢は限られます。
日勤と夜勤を繰り返す生活だと、デュアスラリアのどちらをいつ飲んだらいいのか混乱しそうですが、基本は「就寝前と起床後」で考えるといいでしょう。

その他にも、いくつか実践できそうな対策を考えてみました。

眠気覚ましに、夜中にコーヒーなどのカフェインが入った飲み物やサプリを食べることがあるかもしれませんが、カフェインを過剰摂取すると、むくみやすくなります。
また、夜食や夜勤明けの朝食の内容を見直すことで、必要以上に高カロリーになるのを防げます。

夜勤明けは眠たいので、さっさと帰宅して寝たいところですが、少しでも運動しておくと大きな違いになります。
どうしても無理というのであれば、就寝後、目が覚めた後に運動をしてもいいでしょう。

モリモリスリム 楽天で探すと言った浮気はしないほうが良いでしょうね。
デュアスラリアを有効活用してダイエットに取り組みましょう!

>>デュアスラリアについて詳しく知る

しっかり休んでいるのに疲れが取り切れない

日頃の食事内容や眠りの時間帯、プラススキンケアにも心を尽くしているのに、どういうわけかニキビが解消されない場合は、ストレス過多が主因になっていることも考えられます。「しっかり休んでいるのに疲れが取り切れない」、「次の日の朝心地良く起きることができない」、「すぐ疲労感一杯になる」という人は、健康食品を摂るようにして栄養バランスを整えてみましょう。便秘というのは肌が衰退してしまう原因のひとつです。お通じが10日前後ないという時は、日常的な運動やマッサージ、その他腸の体操をして排便を促しましょう。バランスが滅茶苦茶な食生活、ストレスばかりの生活、普通の量ではないアルコールやたばこ、睡眠不足とか運動不足は生活習慣病を誘引します。体力に満ちた身体にするには、とにかく充実した食生活が不可欠です。栄養バランスに留意して、野菜を中心に据えた食事を取りましょう。栄養価の高い黒酢ですが、酸性が強めなので食事の前ではなく食事中に補う、そうでないなら食した物がお腹に達した直後に飲用するのがベストだと言えます。食事内容が欧米化したことが原因となって、我が国の生活習慣病が増加したと指摘されています。栄養面について鑑みると、日本食が健康を保持するには良いようです。ローヤルゼリーというのは、日本でもなじみ深いミツバチが作り上げる天然食物で、抗老化効果が高いとして、シワやしみの改善を第一義に考えて常用する方がたくさんいるようです。古代ギリシャにおきましては、抗菌力に長けていることから傷病の治療にも使用されたとされているプロポリスは、「免疫力が弱くなると直ぐ感染症を患う」といった方にも重宝するはずです。水やお湯割りで飲む他に、いつもの料理にも使えるのが黒酢の長所です。一例を挙げると、肉料理に使用すれば、硬さが失せて芳醇になるのでおすすめです。女王蜂の生命の源となるべく働き蜂から分泌されるローヤルゼリーは、とっても高い栄養価があるということが明確になっており、その成分の中の1つであるアスパラギン酸は、強力な疲労回復効果を兼ね備えています。カロリー値が高いもの、油を多量に使ったもの、生クリームとか砂糖をたっぷり使用したケーキなどは、生活習慣病の主因となります。健康を維持したいなら粗食が基本だと言っても過言じゃありません。日頃よりおやつや肉、並びに油脂成分が多く含まれたものばっかり食していると、糖尿病を筆頭とする生活習慣病の起因になってしまいますから注意することが要されます。健康を保持したままで人生を送っていきたいのであれば、バランスに重きを置いた食事と運動に取り組む習慣が絶対条件です。健康食品を有効活用して、不足している栄養成分を迅速に補完してはいかがですか?「体調は芳しくないし疲れがたまりやすい」と嘆いている人は、安定した人気を誇るローヤルゼリーを飲んでみるとよいでしょう。デセン酸など特有の栄養分が豊富で、自律神経のバランスを修正し、免疫力をぐっと向上してくれます。

運動せずにいると

水や牛乳を入れて飲むのはもちろんのこと、さまざまな料理にも用いることができるのが黒酢の特徴と言えます。いつも作っている肉料理に加えれば、柔らかになってふわふわジューシーになりますから、試してみるといいでしょう。定期的に受けている検診で、「内臓脂肪症候群になる確率が高いので注意するべき」という指摘を受けた場合の対策には、血圧を下げる作用があり、肥満防止効果が期待できる黒酢をおすすめしたいですね。プロポリスというものは、自律神経の働きを助長し免疫力を上げてくれるので、病気にかかりやすい人とか花粉症などのアレルギー症状で日常生活に支障が出ている人にぴったりの健康食品として重宝されています。食品の組み合わせを考慮しながらご飯を食べるのが不可能な方や、毎日の仕事に追われ3度の食事をする時間帯が決まっていない方は、健康食品を用いて栄養バランスを改善した方がよいでしょう。医食同源というワードがあることからも推測できるように、食べ物を摂るということは医療行為に相当するものだと言っていいわけです。栄養バランスが懸念されるという方は、健康食品を導入すべきです。「元気でいたい」という人にとって、怖いのが生活習慣病です。無茶な毎日を送っていると、徐々に身体にダメージが溜まってしまい、病気のファクターになり得るのです。ミツバチから作られるプロポリスは非常に高い抗酸化作用を有していることがわかっており、エジプトではその昔遺体をミイラにする際の防腐剤として使われたと聞きました。日本全体の死亡者数の6割程度が生活習慣病が要因だと聞きます。老後も健康でいたいなら、年齢的に若い時より体内に取り入れるものに留意したり、いつも定時には布団に入ることが必要不可欠です。腸内の環境が酷くなり悪玉菌が多くなってしまうと、大便がガチガチに固まって排便が難しくなってしまいます。善玉菌を多くすることにより腸の動きを促進し、長引く便秘を改善することが大切です。健康食品として有名なプロポリスは、「ナチュラルな抗酸化成分」と称されるほど優れた抗酸化作用を有していますので、私達人間の免疫力をアップしてくれる栄養満点の健康食品だと言って間違いありません。「水で思い切り薄めても飲みづらい」という声もある黒酢飲料ではありますが、好みのジュースに混ぜてみたり炭酸水にはちみつを落としてみるなど、自由に工夫すれば美味しく頂けます。「朝は時間に追われていてご飯は全然食べない」という方にとって、青汁は強い味方となります。グラス1杯分の青汁を飲むだけで、複数の栄養素を適切なバランスで体内に取り入れることができるのです。運動せずにいると、筋力が弱くなって血流が悪化し、更に消化器系の機能も鈍くなります。腹筋も弱まるため、腹圧が下がり便秘の元凶になってしまいます。「長時間眠ったはずなのに、なぜだか疲れが抜けきらない」とおっしゃる方は、栄養が満たされていないことが想定されます。我々人間の体は食べ物によって構築されていますから、疲労回復におきましても栄養が欠かせません。女王蜂になる幼虫や成虫のために産み出されるローヤルゼリーは、かなり高い栄養価があるということで知られており、その栄養の内の一種であるアスパラギン酸は、抜群の疲労回復効果を備えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする